ダマヌール東京メルマガ 第6号『ピオブラ・カフェ来日セミナーご来場ありがとうございました』


ダマヌール東京のウェブサイトからメルマガの申込をしていただいた皆さん、コンヴォイ!

コンヴォイ(Con_voi)とは、イタリア語で「みなさんとともに」と言う意味で、ダマヌール

では挨拶の言葉として使われています。


はやいものでピオブラ・カフェの来日セミナーが終わって2週間が経とうとしていますが、みなさま

いかがお過ごしでしょうか?


今号では、セミナーに参加された方の感想をいろいろとご紹介いたします。

セミナーに参加された方で、感想や体験をシェアしていただける方は、damanhurtokyo@gmail.com

宛にメールでお知らせくださいませ!


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

※ダマヌール東京来日セミナー<2014年10月>

【10月10日(金)ミニセミナー】

『ダマヌールの「人類の神殿」その創造のものがたり』


◎このような芸術とスピリチュアリティーがバランスよく存在しているコミュニティーがあることに

びっくりしました。先生のエネルギーは明るくて、きっと素敵な所、環境なのだろうと感じました。

一度いってみたいです。ありがとうございました。(M・Uさん 女性)


◎神殿など形として創りあげることもそうですが、個々が他のみんなと一緒に創るという、人と人との

コミュニケーションの部分でも、内なる芸術性のひらめきが、よりみえないつながりや拡がりを創るん

だな、と感じました。内なる静かな場所、メディテーションの大切さも感じました。

ありがとうございました。(M さん 女性)


◎ダマヌールの全体的な話が聞けて良かったです。(M・Kさん 男性)


◎神殿の設計にはあらゆる部分に意味があり、すべてが最初から決まっているということを知って

驚くとともに、深く感動しました。(H・Oさん 男性)


◎神殿創作中の貴重な写真をたくさん見せていただきました。ありがとうございました。

(N.K.さん 女性)


◎「地下の神殿を掘るということは、自分の内面を掘るということと同じでした」という創設メンバー

の言葉が胸に響きました。ステンドグラスの先生を探して、イタリア中を訪ね歩いたエピソードも感動

的でした。(H・Wさん 男性)





【10月12日(日)13日(月・祝)2日間のセミナー】

『内なる芸術性を目覚めさせるコース』


◎小さい声に耳を傾けることが少しづつですができたかな?という感じがします。このことを続けることが大切だと思ったので、自分のなまけな心に負けず、頑張りたいと思います。

2日間ありがとうございました。(H・Aさん 男性)


◎体験型で、とても判りやすく、雰囲気も、講師も通訳も全てパーフェクトでした。

もっとたくさんの人に知ってもらうと良いと思います。(N・Sさん 女性)


◎自分の内面が色々明確になり、良かったです。(M・Oさん)


◎自分の気づかなかった面が、いい形で気づけた。夢とのコンタクトが容易になったような気がする。(Aさん 男性)


◎私にとっては非日常的な体験がいろいろ出来て楽しかったです。大勢の人達が率先して、協力しあって会の成功を支えている姿が印象深かった。ガンバレ(T.Kさん)


◎楽しかった。原点に帰った。頭で考えずに、自然を見たらいいんだと気付いた。(Mさん 女性)


◎初めてダマヌールのセミナーに参加してどんな変化がみられるのかワクワクしていましたが、まずは風のエレメント体験、満月、夢の21日間を試してみたいと思います。(A.H.さん 女性)


◎日々身の回りで、実は様々なシンクロニックな出来事が起こっている!という事に、改めて気付かされました。ただキャッチしようと手を伸ばさないから、キャッチできないだけ。

試行錯誤してもがきながら、でもそれもまた楽しみとしながら自分と向き合うって、とても新鮮です。

そんな事を感じた今回の2日間のセミナーでした。


外は、秋色に染まった木の葉が、秋風に舞っていました。

"芸術"って、実はすごく身近なものなんですね。

(Eさん 女性)


◎様々な感覚で受け取っているはずのことを無視し続けている自分の現状に気付かされました。

耳を澄ます。目を凝らす。神経の細い糸をたぐるようにして皮膚から来る情報を受け取る。

このようなことは人間として当たり前の日常的な行動であるはずなのに、

多忙を言い訳にめったにしないことになってしまっているなあと反省しました。


自分がもちあわせている感覚を十分に使い、

限りなく広く豊かな世界のあらゆるものと密接に繋がっているのだということを実感しながら生きる。

そんな豊かな生き方が自分にもできるかなと思えるようになっていて、

自分でもびっくりです。(Rさん、女性)


◎子供の頃から芸術の才能は特別の人が特別の能力を発揮していると思っていて、自分は

芸術的表現は苦手な一つでしたが、このセミナーを受講し、一人ひとりカラーは違えども、

同じ才能が内面に持っており後はその本人が楽しみながら才能を磨いていくことを知りました。


コースの中で風のエレメントを感じるプログラムがありましたが、普段は何気なく感じる

風が、芸術的感覚を広げて感じて見ると一瞬一瞬が楽しくロマンティックで情報量に満ちた

存在だと知り感激でした。後は上手く表現できるかは、日々のトレーニングでしょう。


せっかく学んだセミナーのテクニック、必要な時に必要以上才能が発揮できるように日々の

生活の中にも取り組みたいと思います。(H.Oさん、男性)



※まだまだ長文の感想も頂いていますので、次号にて紹介いたします!※


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


◎ダマヌール東京フェイスブックページのご案内


https://www.facebook.com/damanhurtokyo


来日セミナー情報、ウィークリーホロスコープ、イタリアのダマヌールのブログ記事の

翻訳、植物の音楽プロジェクトの動画など、随時お届けしております。


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


以上、お楽しみいただけましたでしょうか?


また次号でお会いしましょう!


「ダマヌール東京」に関するお問い合せ先:

ダマヌール東京センター

TEL:0297-74-9598

Mail:damanhurtokyo@gmail.com

http://www.damanhurtokyo.org