2015.10.15発刊「ダマヌールの芸術」

CON TE! (コン・テ)ダマヌール東京のメルマガお申し込み、ありがとうございます!

CON TEとは、イタリア語で“あなたと共に”と言う意味です。ダマヌールでは、日々の挨拶の言葉として使われています。

各地から紅葉の便りが届くようになってまいりました。いかがお過ごしでしょうか?

メルマガ14号をお届けします。

もみじと温泉、それにおいしい料理と、日本の秋はまた格別かと存じます。

今回のメルマガは前号に引き続き芸術をテーマに、それも”ダマヌールの芸術”と題して少しご紹介させて頂きます。

 

★★★  “ダマヌールの芸術” - ダマヌリアンはみな芸術家 - ★★★

<< 生活の中のアート >>

イタリアのダマヌールを訪れると、コミュニティーの家々の外壁にカラフルな色使いで自然の素材、動物や植物や人間をモチーフに、ファンタジーに満ちた大胆な絵が描かれているのを目にすることができます。初めて見た時にはその新鮮な発想にハッとさせられ、次には何だかウキウキと楽しい気分になってきます。

 

ダマヌールでは地下に創られた“人類の神殿”は言うに及ばず、家の外と内、お部屋の中にも、日常生活の至るところに芸術作品が溢れていると言っていいでしょう。

身にまとう衣服から日常品まで、あらゆる生活の中に自然にアートが溶け込んでいるのです。そしてそれらのアートは、特別な“芸術家”と呼ばれる人たちが創ったものではありません。ごく普通のダマヌール市民たちの手によって産み出されたものなのです。

 

<<ダマヌールの芸術 = 集合的な芸術 >>

ダマヌールの芸術はちょっと現代の一般的な芸術とは、その捉え方やアプローチの仕方が異なっています。

通常、例えばある特定の作者が絵画なり彫刻なり作品を創った場合、それは当然その作者個人の作品であり、その個人が感じたものや意図したものの表現であると見なされます

それに他の人が手を加える等ということは考えられません。“個の芸術”です。

 

ところがダマヌールでは、一つの作品について繰り返し仲間と検討しながら完成させていきます。重要なことは、その作品によって“何を伝えたいか”、“秘教的知識”のうちの何を残したいかということです。

実際にダマヌールの画家たちは、作品を描き始める前に何ヶ月も準備をします。

例え下書きを描くだけであっても、秘教的知識やテーマについて探求し、芸術として表現できる最もふさわしい手段を探っていきます。

使う色のもつ意味や、構図に込める“動き”をどうするか、あらゆる方向から検討します。下絵を描く人、その上から詳細な色付けをする人、仕上げをする人など、出来上がった作品は関わった人たち全ての人の手による“集合的な芸術作品”です。

 

“個の芸術”であるか、“集合的な芸術”であるか、ここが一般的な芸術と、“ダマヌールの芸術”の大きな違いのひとつです。

 

<< コミュニティーで生きるアーティストたち >>

ある一人の人のもつ感性や才能は、他の誰かと同じであることはあり得ません。

違いがあるということですぐに優劣をつけるのではなく、“違いは豊かさ”と捉えるのがダマヌールです。そうやってお互いのもつ感性や才能を引き出し合うことで、全ての人が全体の豊かさを担う独自の個人として尊重されながら、グループ全体として共通の目的や意図のもとに統合され、更に表現の多様性がもたらされるのです。

そこには多くの人の力が結集した、生命力あふれる芸術が創造されていきます。

 

またそれを可能にしているのは、ダマヌールの市民が各コミュニティーに分かれて、それぞれのコミュニティーで生活を共にしているからこそと言えるでしょう。

ダマヌールのコミュニティーを構成する市民は、自立した個人です。自立した個人が相互にその明確な個性を表現する場が、コミュニティーです。

各コミュニティーそのものも独自のカラーを持ち、それがまたダマヌール全体としての豊かさの中に統合されているのです。

芸術の表現においても、全く同じことが言えます。

 

それでは、その共通の目的や意図とはどういうものなのか、次号でまた詳しくご紹介させていただきます。

 

☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆

前号に引き続き、9月に行われたシャーマの来日セミナーのお寄せ頂いた感想の一部をご紹介させて頂きます。リーディングはキャンセル待ちになった程の人気でした。

 

本格的なカードリーディングは初めてで、ドキドキしましたが、とても内容の濃いものでした。質問に対して、将来起こるであろうプラスな事もマイナスな事もはっきりと伝えられますが、マイナスな事に関しては、それを避ける為にどうしたら良いか具体的に教えてくれるので、安心出来ました。とても優しい方で、穏やかな雰囲気の中でリーディングをしていただきました。』  (30代女性)

 

今回、シャーマさんのリーディング受ける事ができて良かったです。今の状況がまさにカードに表れて(潜在意識等)いて、なるほどと納得できました。リーディングを受けなかったら、もやもやした状態にも気が付かずにいたかもしれません。受けてみて、「あぁ、やはりそうだったか」と再認識できて、頭の中にたまっていた考えが段々整理できてきました。勇気を持つこと、強い思いを持つこと、を思い出させてもらいました。シャーマさんの笑顔にも助けて頂いた感じです。いい機会を頂きありがとうございました。』  (40代女性)

 

シャーマには今まで何度か個人的にカードを見てもらったことがあり、毎回その時の自分の状態を正確に言い当ててくれるので感心していました。カードとして自分の心が表に出ることで、客観的に自分を見つめることができ、ニュートラルにその時の問題を捉えることができる気がします。今回は自分でそのカードを読む練習をしたわけですが、カードを開いたとたんにカードから強いエネルギーを感じました。そして、カードを読む時は一つ一つの詳細にこだわるのではなく、全体を読むことが大事なんだということが理解できました。カードを上手に読んでいくには、回数を重ねることの必要性を感じましたが、カードと自分が繋がればシャーマのようにカードを読むことも夢ではない、と思います。これからたくさん経験を重ねて、うまくカードを読めるようになり、自分の人生に生かせていければいいと思います。』  (30代女性)

 

 

☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒

11月のパンゴリィーノ来日セミナーのご案内です。

“芸術の秋”の一日を、東京お茶の水ニコライ堂そばのセミナー会場で過ごしてみませんか? お待ちしております。

★『魂の肖像』知らない自分を発見する~1.5日セミナー★

       -  自分を知り、魂の成長を目指します  -

・ワークを通して、人間の持っている7つの感覚を、日常とは違う方法で使います。

・好奇心をガイドにして、音楽や瞑想、シンクロニシティとともにあなたの手と言葉を使いながら、自分の内と外を埋めていきます。

◎日常が全く新鮮な体験に変わり、新しい感覚と、新しい自分の可能性の発見へと繋がるでしょう。

 

日 時:20151122() 10:0017:3023(月祝)10:0013:00
場 所:連合会館 401号室 東京都千代田区神田駿河台3-2-11
・東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅徒歩すぐ
・都営地下鉄新宿線 小川町駅徒歩2
・東京メトロ丸ノ内線 淡路町駅徒歩4
参加費:事前振り込み 29,000
講 師:パンゴリーノ・トゥリパーノ      
通 訳:チュフォロット・越路

 

★『自由への扉』~覚醒への8つのステップ 新しいメディテーション・スクール導入編★

 - 新しいメディテーション・スクールの扉 

40年に渡ってダマヌールの精神的探究の中核となってきた、その知識に触れることができます。このセミナーはそのガイダンスとなります。

新しいメディテーション・スクールは、覚醒(イルミネーション)へと至るための、精神性の探究をテーマに、8つのステップを通して各2日間、全8回のシリーズです。

多次元にわたる人間(身体・心・魂)と、人類の神殿のそれぞれのホールのテーマとを合わせながら、内面を深く見つめるプログラムになっています。

 

この知識に触れることで、「人類の神殿」を支えてきたエネルギーと知識に繋がる可能性が開かれ、それはまた私たちの内面への旅の良きガイドとなるでしょう。

 

日 時:20151121()10:0017:30
場 所:連合会館 404号室 東京都千代田区神田駿河台3-2-11
・東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅徒歩すぐ
・都営地下鉄新宿線 小川町駅徒歩2
・東京メトロ丸ノ内線 淡路町駅徒歩4
参加費:事前振り込み 9,000
講 師:パンゴリーノ・トゥリパーノ      
通 訳:チュフォロット・越路

 

★「ダマヌールの創造性のガイドライン」~アートを通して魂の自由へと向かっていく ミニセミナー★

ダマヌールでは、誰もがアーティストです。13の項目からなる、ダマヌールの創造性のガイドラインに実際に触れることで、日々を新たに創造するヒントを得ることができるでしょう。あなたの感覚が広がり、見慣れていた日常に新鮮な輝きを見出すことができるのです。 マジックな法則に触れるチャンスです。

 

日 時:20151120()18:3020:30
場 所:北とぴあ 9F 902号室 東京都北区王子1丁目11-1
・東京メトロ南北線 王子 5番出口 直結
・京浜東北線 王子 北口 徒歩 2
・都電荒川線 王子駅前 徒歩 5
参加費:事前振り込み 3,000
講 師:パンゴリーノ・トゥリパーノ      
通 訳:チュフォロット・越路

 

◎パンゴリーノ・トゥリパーノ

講師・アーティスト:パンゴリーノ・トゥリパーノ(センザンコウ・チューリップ)

1994年よりダマヌール在住。「人類の神殿」の芸術を担当するアーティスト、画家であり、ダマヌールのメディテーション・スクールのインストラクター。イタリアの芸術デザイン学校修了。絵画やその他アートデザインの講師でもあり、瞑想と自己を知るための手段としての芸術と共に生きている。

 

★★セミナーの参加のお問い合せは、

◎ダマヌール東京センター

TEL0297-74-9598 FAX0297-74-9624

E-Mail: damanhurtokyo@gmail.com

または、ダマヌール東京HPの申し込みフォーム

http://www.damanhurtokyo.org/%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85-1/%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E7%94%B3%E8%BE%BC%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0/

よりお申し込みください。

 

=====================

◎ダマヌール東京ブログのご紹介

(ホームページからブログがご覧になれます)

http://www.damanhurtokyo.org

 

☆=☆=☆=☆     ファルコの言葉      ☆=☆=☆=☆

          『芸術とは、他者に愛をあらわすこと』

 

 

◎ダマヌール東京フェイスブックページのご案内

https://www.facebook.com/damanhurtokyo

来日セミナー情報、ウィークリーホロスコープ、イタリアのダマヌールのブログ記事の紹介、植物の音楽プロジェクトの動画など、随時お届けしております。

 

==================

以上、お楽しみいただけましたでしょうか?

また次号でお会いしましょう!

 

「ダマヌール東京」に関するお問い合せは

ダマヌール東京センター

TEL0297-74-9598

Mail: damanhurtokyo@gmail.com

http://www.damanhurtokyo.org

まで、どうぞ


ダマヌール東京
URL:http://www.damanhurtokyo.org/ 
E-mail: damanhurtokyo@gmail.com
TEL:0297-74-9598(ダマヌール東京センター:鬼頭)
TEL:03-5294-0184(ダマヌール東京ヒーリングセンター:高橋)