2015.11.12発刊「新しいメディテーションへのお誘い」


CON TE! (コン・テ)ダマヌール東京のメルマガお申し込み、ありがとうございます!

CON TEとは、イタリア語で“あなたと共に”と言う意味です。ダマヌールでは、日々の挨拶の言葉として使われています。

 

11月に入り暦の上では立冬、もう冬が一歩一歩近づいてきています。   

いかがお過ごしでしょうか?

メルマガ16号をお届けします。

 

前号ではダマヌールの芸術について、少しご紹介させて頂きました。

ダマヌールの芸術はどのような特徴があるのか、一般的な芸術とはどのように異なっているのか、といった点について取り上げてみました。


ダマヌールの画家であり、メディテーション・スクールのインストラクターでもあるパンゴリーノは、青空に浮かんだ白い雲の絵をよく描いています。

ダマヌールを訪れた時、あるセミナールームへ入ると、壁一面の青空と白い雲が迎えてくれます。そこにいると、室内にいながら太陽のサンサンと輝く青空と、ポッカリ浮かんだ白い雲に囲まれて、いつしか気持ちが晴れやかに、幸せな気分になってきます。

 

絵を描いたり、粘土で彫像を作ったり、ステンドグラスを使って作品を創ったり、何らかに手を動かしながら、同時に自分の持っているあらゆる感覚も総動員したアートワーク、そんなアートワークを体験したことはありますか?


自分の創作した作品は、自分そのものです。

しかも自分では普段全く気づかない未知の自分に、その作品を通して出会えるかも知れません。

“自分を知る”為にはあらゆる方向からのアプローチが必要です。

“私は誰? 私は何者?” 自分探しの旅を続けている方は、多分沢山いらっしゃることと思います。


ファルコは言いました。 『人間には2種類ある 探す者と見出す者だ』と。


いつまで自分探しの旅を続けなければならないのでしょうか?

ここらでそろそろ“見出す者”になってみたいと思いませんか?

パンゴリーノの『魂の肖像』のセミナーは、そんなあなたに何かヒントや気づきをもたらすものとなるかも知れません。

 

 

次にここで、『なぜメディテーションの学校で学ぶのか』というテーマの投稿をご紹介させて頂きます。


― なぜメディテーションの学校で学ぶのか ―

 

自分自身の人生を振り返ってみて、自分がこれまでずっと何かから自分を守ろうとしたり、何かに対する反応としての選択ばかりをしてきたことに気づかされます。


対人関係で苦痛を生まないように、自分の主張が誰も傷つけないように、トラブルを起こさないように、巻き込まれないように、、、などなど。しかし、それを恐れるあまり、結局は逆のことばかり引き起こしてきたのです。


自分自身のことを本当によく知ることは、なかなかに難しいことです。自分がどんな人間なのか知るためには、他人から反射された自分の姿を通してしか知ることができない、とは良く言われます。


かつてファルコは「あなたと共に生活したり学んだりする人たちに、あなたがどんな人か聞いて回りなさい。それをすべて足したものがあなたです。」と言いました。


自分とは、自分が思い描くような存在ではなく、他者にどう見られているかの総体なのですね。そこには自分の知らない自分の姿がたくさんあり、なかなか受け入れ難い姿すらあります。


自分の本当の姿を知り、成長していくためには、共に学ぶ仲間の存在が不可欠。では何のために学ぶのか?


反射や反応ばかりで生きていては、自分の人生を生きていることにはなりません。そして自分自身の人生とは、他者の存在なくして成り立たないものでもあるのです。自立した人間どうしが、依存し合うのでは無く、お互いに協働し、一人の力では実現できなかった理想や夢を実現していく、これこそが人生の学校なのです。 


反射や外部への反応ではなく、自分の本当の望みを知り、真に重要な選択を行うためには、指摘の教えのような、自分の深いところと繋がったり、表面の考えに左右されないようなトレーニングやガイドが必要になります。本を読んでばかりでは成長できないのです。


人生の学校というスタイルで、時間をかけて少しづつ成長しながら、変容のステップを人生を共にする仲間と登っていく。このような体験は、モノの所有に魅了されなくなりあらゆる慰めが受け入れられなくなった貴方にこそ、必要なものではないでしょうか?


11月21日のガイダンスでは、新しいメディテーションの概要が日本で初めて披露されます。


そこでしか学べないモノが確実にあることを、ぜひあなた自身の眼と耳で、あらゆる感覚と直感とで確かめてください。

 


☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆

 

<< セミナー、植物の音楽の機械の感想など >>

              (お寄せ頂いた感想の一部をご紹介します)

 

『過去生セミナーに参加して』


このセミナーで、直感的にピンと来た体験があった。
それは、昨年11月のダマヌールを訪問時に、シャーマにリーディングしてもらった時、
あなたの中の男性のパーソナリティーと形成中のパーソナリティー
 女性のパーソナリティーを抑圧している・・・」と言われたことを思い出したことと、
「抑圧されていたのは、今回の過去生の女性だったのかな。
 自分の中に、この女性がいることをちゃんと認めて分かってあげる必要があったんだ!」と、合点がいったという体験だ。
そして、このセミナーで得た体験により、また新たな一歩を踏み出せるような気がして、清々しい思いで一杯になった。
                             (50代女性)


過去生リサーチで分かった人物の特徴が、今の自分の中に確かにあるということがよく感じられた。
また、その特質が、ダマヌール訪問中に受けた占星術でも言われた特質と一致していたことに驚いた。

                            (50代女性) 

 

『二回目過去生ワークを受けて』

<私の過去生>といっても、それはいつも他人にしか思えず、どこが<私の>なのか?と、違和感を感じる。
しかし、双子の姉妹のように、その人のことを思ってみる・・・・・・。
彼女は、北米のネイティブアメリカン、ラコタ族。
水のエレメントに深いつながりを感じ、癒され、遊ぶことが大好きで、その特質を長老に見いだされ、いろいろなスピリチュアルなことを学んだようだ。
木に囲まれた、川の近くに、部族の集落はあり、その中で幸せに生きていたらしい。
面白いことに、このワークを受ける何日か前に登った山は渓流沿いの道が登山道となっており、その音と表情に深く癒され、とても感動していた。
心が疲れた時、私はよく水の音を聞き、自分を癒すことを知らず知らずのうちにしている。
また、泊まった山小屋の環境が彼女の部族の集落の環境と似ており、まるで思い出すための準備としてそこへ行くことを決めていたかのようだった。

過去生ワークを受けて以来、彼女とのつながりを強く感じる。
そして、彼女のように、川の音を聞き分け、瞬間瞬間に変りゆく水の色や形に意識を集中させ、それと一体になることで、自分の中に封印している可能性を見いだせる予感がしている。
                             (40代女性)

『植物の音楽の機械の体験』

 

長野県佐久市の家、夕方から凄く寒くて寒くて、外での演奏は指が動かなくなるのではと、もうホッカイロ頼みでした。
夕方、夜、夜中、朝、昼と5回録音しましたが面白かったです。
本当、夜は植物はちゃんと寝てました。ピタッと奏でるのをやめました。
そして近くにいる木々が種類に関係なく同じ音列を奏でたり。
また朝は知らず知らず1時間以上セッションしていて、その間に脳裏に見えた映像がありました。覚えているのと忘れてしまっているのがありますが。


そして感激したのは最後の紅葉美しき楓の大木。40分くらいした所から、コンタクト?同じ音列を繰り返してくるようになったので、その音を覚えられるようになってきました。


タイミングと組み合わせはまだぴたり合わせることができませんでしたが、時々同じ音を。


まだまだ始まりですが、何しろやってる本人が真っ白な気持ちになり、自然のあれやこれやが嬉しく聞こえてきて、楽しくて気持ちよくて。

 

もうそれはそれは楽しくて、気がおかしくなる程ハマりました
それはそれはたくさんの気づきも有り、可能性、更なる
希望、何より、前より、植物さんに優しくなりました。


                       (あるミュージシャン)

 

 

☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒☆⇒

パンゴリィーノ来日セミナーが近づいてまいりました。

どのセミナーも日本で初めて開催されるものばかりです。この機会にぜひ、イタリアのダマヌールの風を感じてみてはいかがでしょうか?

お待ちしております。

 

★『魂の肖像』知らない自分を発見する~1.5日セミナー★
                                  
  自分を知り、魂の成長を目指します ―


・ワークを通して、人間の持っている7つの感覚を、日常とは違う方法で使います。
・好奇心をガイドにして、音楽や瞑想、シンクロニシティとともにあなたの手と言葉を使いながら、自分の内と外を埋めていきます。

◎日常が全く新鮮な体験に変わり、新しい感覚と、新しい自分の可能性の発見へと繋がるでしょう。

日 時:20151122() 10:0017:3023(月祝)10:0013:00
場 所:連合会館 401号室 東京都千代田区神田駿河台3-2-11
・東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅徒歩すぐ
・都営地下鉄新宿線 小川町駅徒歩2
・東京メトロ丸ノ内線 淡路町駅徒歩4
参加費:事前振り込み 29,000
講 師:パンゴリーノ・トゥリパーノ      
通 訳:チュフォロット・越路


★『自由への扉』~覚醒への8つのステップ

           新しいメディテーション・スクール導入編★ 
                                 
― 新しいメディテーション・スクールの扉 ―

 

40年に渡ってダマヌールの精神的探究の中核となってきた、その知識に触れることができます。 このセミナーはそのガイダンスとなります。

新しいメディテーション・スクールは、覚醒(イルミネーション)へと至るための、精神性の探究をテーマに、8つのステップを通して各2日間、全8回のシリーズです。
多次元にわたる人間(身体・心・魂)と、人類の神殿のそれぞれのホールのテーマとを合わせながら、内面を深く見つめるプログラムになっています。
この知識に触れることで、「人類の神殿」を支えてきたエネルギーと知識に繋がる可能性が開かれ、それはまた私たちの内面への旅の良きガイドとなるでしょう。

日 時:20151121()10:0017:30
場 所:連合会館 404号室 東京都千代田区神田駿河台3-2-11
・東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅徒歩すぐ
・都営地下鉄新宿線 小川町駅徒歩2
・東京メトロ丸ノ内線 淡路町駅徒歩4
参加費:事前振り込み 9,000
講 師:パンゴリーノ・トゥリパーノ      
通 訳:チュフォロット・越路


★「ダマヌールの創造性のガイドライン」

    ~アートを通して魂の自由へと向かっていく ミニセミナー★

ダマヌールでは、誰もがアーティストです。13の項目からなる、ダマヌールの創造性のガイドラインに実際に触れることで、日々を新たに創造するヒントを得ることができるでしょう。あなたの感覚が広がり、見慣れていた日常に新鮮な輝きを見出すことができるのです。 マジックな法則に触れるチャンスです。

日 時:20151120()18:3020:30
場 所:北とぴあ 9F 902号室 東京都北区王子1丁目11-1
・東京メトロ南北線 王子 5番出口 直結
・京浜東北線 王子 北口 徒歩 2
・都電荒川線 王子駅前 徒歩 5
参加費:事前振り込み 3,000
講 師:パンゴリーノ・トゥリパーノ      
通 訳:チュフォロット・越路

 


◎パンゴリーノ・トゥリパーノ
講師・アーティスト:パンゴリーノ・トゥリパーノ(センザンコウ・チューリップ) 
1994
年よりダマヌール在住。「人類の神殿」の芸術を担当するアーティスト、画家であり、ダマヌールのメディテーション・スクールのインストラクター。
イタリアの芸術デザイン学校修了。絵画やその他アートデザインの講師でもあり、瞑想と自己を知るための手段としての芸術と共に生きている。

 

 

★★セミナーの参加のお問い合せは、

◎ダマヌール東京センター 

TEL0297-74-9598 FAX0297-74-9624

E-Mail: damanhurtokyo@gmail.com

または、ダマヌール東京HPの申し込みフォーム

http://www.damanhurtokyo.org/%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85-1/%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E7%94%B3%E8%BE%BC%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0/

よりお申し込みください。

 

 

 

=====================

◎ダマヌール東京ブログのご紹介

(ホームページからブログがご覧になれます。)

http://www.damanhurtokyo.org

 

 

☆=☆=☆=☆=☆     ファルコの言葉      ☆=☆=☆=☆


          『芸術とは、他者に愛をあらわすこと』

 

 

◎ダマヌール東京フェイスブックページのご案内

https://www.facebook.com/damanhurtokyo

 

来日セミナー情報、ウィークリーホロスコープ、イタリアのダマヌールのブログ記事の紹介、植物の音楽プロジェクトの動画など、随時お届けしております。

 

==================

以上、お楽しみいただけましたでしょうか?

 

また次号でお会いしましょう!

 

「ダマヌール東京」に関するお問い合せは

ダマヌール東京センター

TEL0297-74-9598

Mail: damanhurtokyo@gmail.com

http://www.damanhurtokyo.org

 

まで、どうぞ