「植物の音楽」Youtube映像集

Youtubeに公開されている「植物の音楽」の映像を集めました。

最初の植物から発せられた音

1976年頃、植物から検出した電気信号で、初めて音を鳴らすことに成功した時期の貴重な映像です。現在のデジタルシンセサイザーではなく、アナログ・オシロスコープと発振器によって、植物の生体電位を音声に変換しています。まだ「音楽」とは程遠い、発信音のような「声」ですね。

植物の音楽コンサート

2009年7月、ダマヌールでのコンサートの様子。ダンスと歌とのコラボレーション。

赤と白のバラ

2012年の映像。最初の部分に、1970年台に録音されたEPレコード盤の映像が出てきます。そのほかにカセットテープでも「植物の音楽」は提供されていました。

イン・ニューヨーク

2012年ニューヨークでのデモンストレーションの様子。最初のうち、なかなか歌ってくれなかったり葉っぱが落ちちゃったりと苦闘するエスペリデさん。参加者の歌声に促されてやがて植物が歌い始めます,,,。

植物の音楽とピアノの共演

2012年6月の映像。ピアノ奏者レナート・ポレットさんのピアノ演奏と共演する植物の音楽。アドリブと思われますが、植物がピアノに「合わせて」インタラクティブに歌う様子が記録されています。

ジュリー・アンドリュースと植物の音楽

2014年、ロンドンのチェルシーフラワーショーに出展した時のBBCの生中継番組に「出演」した植物の音楽。スタジオでのゲストはジュリー・アンドリュースとイアン・マッケラン!レポーターの「この植物が歌ってるのよ!」とのレポートにイアン・マッケランは「今日ってエイプリル・フールだった?」と半信半疑。ジュリー・アンドリュースは「私わかるわ、信じるわ!」と。ジュリーのためにちゃんとエーデルワイスの鉢を用意して歌ってもらっていました。やっぱりジュリー・アンドリュースと言えば映画『サウンド・オブ・ミュージック』の「エーデルワイス」を思い浮かべますよね!?

バイオシンフォニー

2014年、イギリスの映像作家オリバー・ジェニングス氏による映像作品。2014年のチェルシーフラワーショーでの出展ブースの様子やダマヌールの日常の光景などを素材に作成されました。ダマヌールで制作されてきた記録映像とは異次元の芸術的クオリティの作品です。

レモン・ツリー

2015年3月の動画。ダマヌールのコミュニティー内の会社Devodamaによる販売が始まった最初期の映像。最新型のU1型のデヴァイスを使ってレモンの木につないでいます。現在世界中で販売されているのはこのU1型およびその後継機種になります。


Music of the Plants(Youtubeサイト)

その他多数のMusic of the Plantsの映像が

 

https://www.youtube.com/user/musicoftheplants

 

にまとめられています。

 

Music of the Plants(Facebookページ)

日本のお客様からのMusic of the Plantsの映像は、

 

https://www.facebook.com/plantsmusicjp/

 

からご覧になれます。