ダマヌールのスピリチュアルヒーラーの学校

創設者:ファルコ・タラッサコ
創設者:ファルコ・タラッサコ

ダマヌールでは40年に渡って、スピリチュアルヒーラーの養成学校の活動を行っています。

 

“ダマヌールのスピリチュアルヒーラーの学校”は、1975年にオベルト・アイラウディによってトリノで開設された“ホルス”超心理学研究情報センターを前身として誕生しました。

 

ダマヌールのスピリチュアル・マスターであるファルコ・タラサッコは、自分が生まれつきのヒーラーであることを青年期より知っており、プラノテラピーの学校を通じてヒーラー養成のメソッドを洗練させました。

 

 

1979年、トリノ郊外の現在の場所にダマヌールのコミュニティーが設立されたのと同時にイタリア各地にヒーリングセンターが開かれました。

 

スピリチュアルヒーラーの養成学校では、クライアントに対して宇宙の生命エネルギー(プラーナ・エネルギー)を中継できるようになり、また存在の価値、人生の意義について深く考察するための教育を行います。

 

スピリチュアルーラーを養成する学校は、古代ギリシャや古代エジプトの時代にそうであったように、思想の学校、知識の学校によってのみ創設されます。

 

なぜなら、秘教的な知識の学校が有する生命にアクセスする鍵というべき知識と技術なくしては、生命エネルギー“プラーナ”の純粋な源泉にアクセスすることができないからです。

 

ダマヌールのヒーラーの形成過程では、ダマヌールの人生哲学に沿って命の原理や精神性について学びながら、神官的な尊厳を身につけるための指導が行われます。

 

知識の学校に属するということは、ヒーラー自身が人生を変容させながら精神的進化の道を明確に歩み始めること、自分の内面の呼び声を発見することを意味します。それゆえヒーラーの養成は3年間のカリキュラムを通じて形成されていきます。

 

この学校のヒーラーは同じ理想を共有し理想をともに生きるようになり、ヒーラーの間で体験や学びを相互に比較検討し交換する機会を持つことを基本とします。それによって、他者の体験をも取り入れ豊かになることができます。

 

またダマヌールのヒーラーの学校で養成されるヒーラーたちはエネルギーのレベルで互いにつながっていて、すべてのヒーラーたちが相互に保証しあえる安全なメカニズムになっています。

 

今日では、ダマヌール公開大学が主催するスピリチュアルヒーラーの学校は、3年の訓練と精神的成長のコースがあり、希望者には更に2年の専門課程があります。

 

日本語通訳付きのスピリチュアルヒーラーの学校に参加が可能です。ご興味のある方は、ダマヌール東京までお問い合わせください。

 

スピリチュアルヒーラーの学校