DAMANHUR

「過去生のリサーチ」の締切は7月末日です!

(↑画像クリックにてセミナー案内ページに移動します)

新着情報

今週のホロスコープ(8/12~8/18)更新しました。(2018.8.14)

イベント情報 更新しました。(2018.8.8更新)

新しいブログ記事が公開されました。(2018.7.24)

新しいブログ記事が公開されました。(2018.7.4)

セミナー案内更新しました。(2018.1.30)

イベント情報

癒しのお茶会 in 東京 〜 第4回

木々に囲まれた都内の日本庭園内にて、隔月でダマヌールのお話会、今話題の「植物の音楽」装置の体験会を行っています。
ダマヌールで撮影してきたスライドなどをご覧頂きながら、語らいましょう。
ダマヌールにご興味をもたれた方、お気軽にお立ち寄りください。
美味しいお茶とお菓子をご用意してお待ちしております。
希望者にはダマヌールの『プラノテラピー』も体験できます。(プラノテラピーは別途有料)
ダマヌールのプラノテラピー:https://www.damanhurtokyo.org/healing/pranoterapia/
■日 時:2018年9月1日(土)14:00 ~ 16:00
■場 所:『松聲閣』洋室A(文京区目白台1-1-22新江戸川公園内)
■会 費:1000円 (お茶菓子付)
お申し込み・お問い合わせ

インスピレーションの贈り物  ミニイベント定例会  in  取手

 

坂東太郎と呼ばれる利根川を渡り、インスピレーションの源泉で、豊かなひと時をご一緒しませんか?

エネルギーで満たされたダマヌールのラセン*をゆったりと歩き、日常のストレスからご自分を解き放ってください。

 

植物が奏でる音楽を聴きながら、セルフィックペインティングという私たちの内面を活性化する絵の前で瞑想をします。

宜しかったら、ご自宅から鉢植えの植物をご持参下さい。あなたの植物が奏でる音楽をお楽しみになれると思います。

 

また、シンクロニシティーに満ちたダマヌールのカード『ブラール・タレイ』のカードリーディングも行います。

ご希望があれば、プラノテラピー、ビューティーのプラノテラピーもお受けになれます。(別途有料)

 

*このラセンは以前より活性化が増幅されていますので、ぜひとも体感してみてください。

 

- 来訪者の感想 -

・サークル内でエネルギーに満たされて、ストレスがほどける感じで、心身共に軽くなった。

・真ん中に行くにしたがって密度が増し、自分がどこにいるのかわからなくなるほどに広がった。

  

 

■日時:2018年8月19日(日)13:30 ~ 15:30

■場所:ダマヌール東京センター(茨城県取手市西 2-3)

 送迎あり: JR常磐線取手駅西口改札口   13:00  集合 (上野より40分)

■会費:1,000円

 

お申し込み・お問い合わせ

damanhurtokyo@gmail.com 

ダマヌールお話会  in  東海市

日時:8月14日火曜日 11時~

場所:東海市カフェ藍 https://space-cafe-gallery.business.site/

 

参加費用:お弁当、1ドリンクで¥1000程を予定しています

 

イタリアにあるコミュニティ「ダマヌール」のお話しをフリートークで・・

イタリアの「ダマヌール」って何? 植物が歌う音楽って?、色々詳しく聞いてみたい・・

 

今回は、名古屋市出身でダマヌール在住市民である明子さんも出席してくださいます

ダマヌールでの実際の暮らしぶりなどもお聞きできます

ダマヌールで創られたスカーフなどの販売もあります

 

植物の音楽装置の新型「バンブー」もお披露目、体験出来ます

ダマヌール東京メンバーで、装置の輸入元の「ヒーリングセンターアユ」:渡辺英彦さんのお話しも聞けます

植物の音楽装置を日本で唯一輸入販売しているアユです、装置に関しての質問もどうぞ

 

木々に囲まれたカフェ藍さんで、植物の音楽を聞きながら、明子さん、アユ、それぞれの貴重な体験談も交え、

皆さんと楽しい時間を過ごせたらです、参加お待ちしてます

 

 

Ballerina

 

最新のブログ記事(タイトルクリックで記事全文へ移動します)

2018年

7月

21日

人生の「意味」と過去生

行為と意味の話題をもう少し続けます 。

 

・医療における「人生の意味」

 

 現代の医療は客観的データや根拠に基づく医療「EBM:Evidence based Medicine」に準拠しており、各医師個人の経験や直感による医療を超えることを目指したものですが、それでも患者さんが以前より幸せになったという実感は、医療者患者さん共にあまりないのではないかと感じています。

 

 10年ほど前から、EBMを補うものとしてNarrative Based Medicine:NBMという概念が語られはじめました。ナラティブとは物語のことですが、NBMを実践している医師たちによると

「自分自身の物語を持っている患者さんたちは、病に対して思いがけない力を発揮することがある」とのこと。

 

 もしかするとこの患者さん達は「自分の人生の意味」を持っているのかもしれません。

そのことが、物質としての自分の身体の病気と向き合うだけではなく、自分の人生や生き方まで含めた「心身魂」すべてで病気と向き合うことを助け、難病をも覆す潜在的な力を生み出すのではないか?このことはあらゆる人が持つポテンシャルとして十分に考えられることだと思います。

 

 その力を引き出すキーワードとなるものが、自分自身の物語、自分の人生の意味、なのではないか。もしかすると、人が死んで魂が肉体を離れるときに持っていけるのは、この「自分の人生の意味」だけなのかもしれません。

 

 

続きを読む

(↑日付の下のタイトルをクリックすると全文表示へ移動します)

当サイトで使われているダマヌールの写真は、特に断りのない限り、ダマヌールの公式flickrページ(https://www.flickr.com/photos/damanhur_ms/)よりCreative Commons 2.0に準じて転載しているもので、全ての著作権はダマヌール連合体に属します。