DAMANHUR

(↑画像クリックにてセミナー案内ページに移動します)

新着情報

イベント情報 更新しました。(2018.4.19更新)

今週のホロスコープ(4/15~4/21)更新しました。(2018.4.18)

新しいブログ記事が公開されました。(2018.3.30)

新しいブログ記事が公開されました。(2018.3.27)

新しいブログ記事が公開されました(2018.3.25)

イベント情報 更新しました。(2018.3.25更新)

新しいブログ記事が公開されました(2018.3.8)

セミナー案内更新しました。(2018.1.30)

イベント情報

インスピレーションの贈り物  ミニイベント定例会  in  取手

 

坂東太郎と呼ばれる利根川を渡り、インスピレーションの源泉で、豊かなひと時をご一緒しませんか?
エネルギーで満たされたダマヌールのラセン*をゆったりと歩き、日常のストレスからご自分を解き放ってください。

植物が奏でる音楽を聴きながら、セルフィックペインティングという私たちの内面を活性化する絵の前で瞑想をします。
宜しかったら、ご自宅から鉢植えの植物をご持参下さい。あなたの植物が奏でる音楽をお楽しみになれると思います。

また、シンクロニシティーに満ちたダマヌールのカード『ブラール・タレイ』のカードリーディングも行います。

ご希望があれば、プラノテラピー、ビューティーのプラノテラピーもお受けになれます。(別途有料)
*このラセンは以前より活性化が増幅されていますので、体感してみてください。


- 来訪者の感想 -
・中心に行くにしたがってフラフラしたが、帰路は軽やかになれた。
・サークル内、体の中が温かくエネルギーがたまっていく気がした。


■日 時:2018年5月20日(日)13:30 ~ 15:30
■場 所:ダマヌール東京センター(茨城県取手市西 2-3)
 送迎あり: JR常磐線取手駅西口改札口   13:00  集合 (上野より40分)

■会 費:1,000円 

 

お申し込み・お問い合わせ

damanhurtokyo@gmail.com 

 

  

 

5月2日に愛知で「植物の音楽」が登場するイベントがあります

日時 5月2日 水曜日 11時~17時 (パフォーマンス・植物の音楽13時~)

場所 「潮だまりのひ」Space cafe gallery 藍 愛知県東海市名和町北三宅山3-

 

http://space-cafe-gallery.business.site/

 

古民家風カフェ藍さんで、13時から、フラワーパフォーマンスします

イタリア、ダマヌール製作の「植物の音楽の装置」も体験出来ます

他にも幾つかブース出展、ワークショップなどもあります

心地良い季節に、木々に囲まれた新緑の中で、ゆっくりとした時間の流れを楽しんで下さい

皆さんのお越しをお待ちしてます

 

お花で皆笑顔に 幸せを世界の人に  フラワーアーチスト Ryu Ri(都築基吉)

 

エジプトとアトランティスとダマヌールのミステリー in 東京

2月に名古屋の有無の会でオルニトリンコとコラボイベントで共演した三和導代氏が、4月28日に東京でもコラボイベントを主催されます。
以下に紹介文を引用いたします。
 イタリアのダマヌールは、北イタリアのアルプスの麓、トリノ郊外に位置する欧州最⼤のコミュニティーの連合体です。1975 年、哲学者でヒーラーであるファルコ・タラッサコ⽒(オベルト・アイラウディ 1950-2013)の着想から⽣まれました。
 今回はエジプトとトリノの繋がり、ダマヌールとアトランティス、エジプトとアトランティスなど、ダマヌールの創始者であるファルコ⽒(オベルト・アイラウディ)より直接講義を20年ほど受けて来られたオルニトリンコ⽒より、今まであまりダマヌールから出ることのなかったお話を聞かせていただきます。
 ⾼坂和導とファルコ⽒によるご縁から今回の企画となりました。新たなる冒険の始まりです。過去から未来を探る旅へご⼀緒にいかがですか。エジプト⼤使館おとなりの癒しのサロン・ドゥ・コロナにてお待ちしております。 (主催:三和 導代)
講 師:オルニトリンコ・プラタノ
通 訳:チュフォロット・ペオニア
⽇ 時:平成30 年4⽉28 ⽇(⼟)
    13:30 開場 14:00 開演 17:00 終了
会 費:4,000 円 2,000 円(学⽣)
    サロン・ドゥ・コロナ (エジプト⼤使館となり、代官⼭より徒歩5分)
申し込み:サロン・ドゥ・コロナへ電話またはメールにてお願いします。
     ☎03−6416−4765
     E-mail: salon_de_corona@gd6.so-net.ne.jp
問い合わせ先:三和導代 nobuyo@s6.dion.ne.jp
「エジプトとアトランティスとダマヌールのミステリー in 東京」案内PDFこちらからダウンロードできます
エジプトセミナー 写真入り.pdf
PDFファイル 164.6 KB

『有無の会 IN ザ里山』のご案内

 有無の会は、約22年前、熱田神宮における瞑想会という形で始まり、その後、メンバーを増やしつつ、多様な在り方を楽しみながら、年4回のペースで継続してきました。このたび、新たな取り組みとして、ゴールデンウィーク期間中の合宿を企画しました。名古屋市から電車で1時間ほどの恵那市の里山で、2泊3日のスピリチュアルな合宿体験をするという企画です。概要は、以下のとおりです。
 恵那という地名は、恵那山がイザナギとイザナミがアマテラス誕生の際に胞衣(えな:胎盤)を納めた山であるという、ホツマツタエや古事記にも記載のある伝説から由来しており、恵那神社をはじめ、笠置山のピラミッドやペトログラフ、縄文時代の巨石信仰(太陽信仰)の遺跡がそのまま現存するイワクラ(磐座)群など、パワースポットがたくさんあります。そのため、このような恵那の神秘的な土地のエネルギーの中で、ダマヌールの人類の神殿のエネルギーとも繋がり、秘教的知識を学ぶことができます。そして、知識だけでなく、自然と繋がる神秘体験をしたり、自分の内面を深く見つめ、内在する神聖さと繋がり、他者とも繋がるという貴重な実体験ができるような会にしたい思っています。また、参加者の中で、ソマチッドたっぷりの野草の酵素作りをしたい方は、もう一泊すれば、翌朝、野草摘みから始まる「野草の酵素作り」体験をすることも可能です。
 この企画は、秘教的知識と自然の中での実践という両面を兼ね備えた、恵那という土地の里山ならではの、めったに出来ない企画です。また、ダマヌールの秘教的(メディテーション)スクールの全インストラクターの責任者を務める「オルニトリンコ氏来日」というチャンスを引き寄せることができたことで実現できた企画だと感謝しています。
 2018年のまたとない時の、またとない機会を、ぜひお見逃しなく。
日 時:2018年5月3日の11時~5日の16時
   (「野草の酵素作り」希望の方は、もう一泊後の6日午前中まで)
場 所:コテージ石南花(しゃくなげ)(岐阜県恵那市山岡町馬場山田)
    ※最寄り駅JR瑞浪駅から車で40分。送迎可。
参加費:5万円
    ※上記の金額は、宿泊費2泊分・食費(主にオーガニック)7食分・合宿中の移動費の全てを含みます。
    ※お風呂は施設内にありますが、近くの温泉に行きたい方は、別途料金が必です。
    ※野草の酵素作りの材料費などの費用は、ご希望の方に個人的にお伝えします。           
講 師:オルニトリンコ・プラタノ                         
通 訳:チュッフォロット・ペオニア   ※酵素作りの講師兼案内役:有無の会スタッフ
定 員:25名(申し込み先着順)
申込&問合せ先:090-9922-8586(有無の会事務局) 
    ※定員になり次第、締め切らさせていただきます。

■講師紹介   オルニトリンコ・プラタノ
秘教学に関わる研究及び調査、タロットを介した交流、予言や儀式的及び聖式的な側面についての研究には定評がある。「ダマヌール」の秘教的(メディテーション)スクールの全インストラクターの責任者を務めながら、イスラエルをはじめ、世界各地からの要請を受け、インストラクターとして活躍している。秘教的物理学、セルフィックなタロット、内面の感覚を再覚醒するマイクロラインの強化などのコースを指導し、最も知識のある研究者、インストラクターの一人。

 

有無の会インザ里山.pdf
PDFファイル 2.3 MB
有無の会インザ里山うら.pdf
PDFファイル 2.4 MB

最新のブログ記事(タイトルクリックで記事全文へ移動します)

2018年

4月

10日

ニュータイプはニューエイジだったのか?

オルニトリンコによる秘教的知識のセミナーに参加された方から、こんな質問を受けました。

 

「人類の意識が拡大して、お互いに意識レベルで繋がったら、個は消失してしまうんですか?エヴァの人類補完計画みたいに?」

 

こういう質問大歓迎です。ダマヌール東京のオタク担当アユが解説いたしましょう。

 

人類補完計画というのは90年代の日本のアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のなかで、ゼーレという秘密結社が世界中を操って遂行しようとした「現生人類を滅ぼして無理やり人類を次のレベルの生命体に進化させようとする」極秘プロジェクト(らしきもの)です。物語のなかでもほとんど説明されていないので詳細は不明なのですが、次の次元やらレベルに進化するために現生人類は滅ばなければならない、というあたり、90年代のさまざまな事件を彷彿とさせる物騒な内容ですね。TVアニメ最終2話で、この結末は極めて独創的な表現で描かれたために激しい議論を呼び、その後作られた劇場版では、最後にその世界の行く末を託された主人公によって人類補完計画の完遂は拒絶されました。

 

主人公を追い詰めたさまざまな事情は決して絵空事ではなく、その時代を生きる若者にとってリアルに実感できるメタファーであったため、この物語の意味を20年経った今でも考えている人達がいることはとても興味深く、意味のあることだと思います。

続きを読む

(↑日付の下のタイトルをクリックすると全文表示へ移動します)

当サイトで使われているダマヌールの写真は、特に断りのない限り、ダマヌールの公式flickrページ(https://www.flickr.com/photos/damanhur_ms/)よりCreative Commons 2.0に準じて転載しているもので、全ての著作権はダマヌール連合体に属します。