哲学

ダマヌールの哲学は、ファルコ(オベルト・アイラウディ)のアイデアから生まれました。それは、「ポジティブな考え方・行動すること・すべての人間が、他者のため、全人類の進化に貢献するため、自分自身が何らかの価値を残して生きる」という理念に基づいています。

ダマヌールのスピリチュアルなヴィジョンでは、人間というのは、神々や知的存在によって形成された精神的エコシステムの一部であり、意識的にそれらの存在とのコンタクトを確立することが重要であると捉えています。

 

この精神的エコシステムには、人間がかつてはるか遠い昔から常にコンタクトしてきたさまざまな形の存在―自然の精霊たちから、あらゆる民族につながった神々まで―が含まれています。私たち人間は、「神の火花」というものを内に宿しており、この火花を目覚めさせることができる存在として、精神的エコシステムに参加しています。ダマヌールのスピリチュアルな道の最終目的は、まさにこの「神の火花」を目覚めさせることであり、そのポジティブな可能性は、すべての人間一人ひとりに内在しています。この神の原理を目覚めさせるために、ダマヌール市民は「1日24時間を通じて、あらゆる瞬間にスピリチュアルなヴィジョンが私たちの生き方に浸透している」という考えとともに過ごしています。

 

神々の次元と人間の関係性の理想的な展望は「トリアーデ」というコンセプトに集約されています。トリアーデには、地球上のすべての民族たちにつながった神々が、調和的に表されています。分離ではなく、人類の意識を目覚めさせて団結させるため、神々と人類との間に地球上の新しい同盟を創造するという意図から、似通った神話や個性を持つ神々は再結合され、融合されました。ダマヌールの主要な精神的探究の道は、メディテーションの学校です。この学校に参加したいと望む人は、ダマヌールの市民でなくても、誰でも参加することができます。メディテーションの学校は、精神的エコシステムの神々と直接的な関係を持つためのイニシエーションの活性化を伴う、イニシエートの学校です。