流儀

日常生活のあらゆる面に意味を与えるスピリチュアルな現実をクリエイトしたいという望みが、ダマヌールを多面的で秩序あるライフ・モデルにしました。

 

ダマヌールのモデルは“体”と呼ばれる4つの柱に基づきます。スピリチュアルなビジョンを持つメディテーションの学校と、スピリチュアルビジョンを実践するコミュニティー連合体という、2本の支柱があります。そしてその他に、変化と内面の変容という価値を持つ、「ゲームオブライフ」「テクナラカート」と呼ばれる、2つの別の基盤となる柱があります。

 

異なる考え方や、互いに補い合うというこれらの柱の相互作用が、進化成長するための発展的な機会や、創造的でスピリチュアルな体験を生じさせ、ダマヌールのライフスタイルを特徴づけています。

ダマヌールのスピリチュアルな探究が時を経過していく中で、ファルコの教えを世界中からアクセスして、学校やコース、公開講義を通して学んだり、ダマヌールの体験するための公開大学が組織されました。

 

ダマヌールのスピリチュアルな道では、設立当初より、喫煙とあらゆる薬物の使用が規律として禁止されています。なぜなら、イルミネーションというのは、自身が外側からの要因に依存することなく、日常生活における自覚と、人生で選択した道において首尾一貫した内面の変容を絶対に獲得するという確信があってこそ、可能だからです。