ダマヌール・クレア

ダマヌールクレア[/]は、マルチな機能のあるスペースとして、一般公開されています。ダマヌールクレアは、様々なアイディアや夢の“生きた実験場”として、芸術作品の制作や展示、文化的イベント、持続可能なエコプロジェクトなどが実施されています。これはダマヌリアンの資源利用の一つの例ですが、4000m2のスペースに、様々なサービスや生産の実験場、共同のミーティングスペースなどが入っています。

ダマヌールは、オリベッティの元工場だった建物を購入し、2004年にダマヌール・クレアとしてその建物を再開しました。建物の中央会議場には、社会的改革者であり、実業家であるアドリアーノ・オリベッティの名前が付けられました。彼は1950年代にこの谷の人口減少を食い止める為にこの総合施設を作り、この地域の住人がここで働くことができるようにしたのです。かつての総合施設を新たに使うという試みは、放棄されている古い工場エリアをどう再利用するかという、ひとつの事例となりました。工場はアドリアーノ・オリベッティの望んだ特徴を尊重しながらも、新しい事業所が求める形、サービスに合わせて整備されました。彼の思いは、個人と社会、労働環境が調和的な関係となる事でした。

彼は1950年代にこの谷の人口減少を食い止める為にこの総合施設を作り、この地域の住人がここで働くことができるようにしたのです。この総合施設を修繕して活用するという試みは、放棄された古い工場を再利用するひとつの事例となりました。

 

ダマヌール・クレアには数々の事業所があります。食料供給関連(スーパーマーケット)、バイオ建築の建物とその関連プロジェクト(設計事務所)、健康でいられる為の総合診療所(クリニック)、芸術の工房、エステティックサロン、美容室など・・・・要するにダマヌール・クレアを出る事なく歯科治療も受けられるし、ヘアカットもできるし、エコ建築の設計もできるし、夕食のためのオーガニックな食料を調達する事もできるし、庭に粘土でできた胸像を据える事もできるのです。その他にも、ダマヌールクレアには、沢山の事業所があります。以下にその一覧リストを示します。

 

 

アドリアーノ・オリベッティの中央会議場は、テレビカメラやライブ映像の撮影と再生の為の大型スクリーンが設置され、各国語の同時通訳、インターネットによるライブ放送が可能となっています。[http://www.quadriselfici.it/index.php/it]ニアテル[/]、アートギャラリー[1.3]ファルコ・タラッサコ[/]の[8.4.1]セルフィックペインティング[/]の常設展示

[http://www.tentaty.it]テンタティー[/]、オーガニックで非遺伝子組み換え農産物のスーパーマーケット

アリエルボ:バールとオーガニックレストラン

[http://www.orocrea.com/it]オロ・クレア[/]、金細工製品と宝石細工のセルフィカ

[http://www.finethic.it]フィネスィック[/]、保険と財務規定

[http://www.edilarca.it/bioedilizia]エディラルカ[/]、バイオ建築と不動産

パフォーマ、エコな理容師達

[http://www.essenzedeltempio.com/index.php/it]マナバ[/]、人類の神殿の香りとエッセンス

[http://www.conacreis.it]コナクレイス[/]、内面的倫理と精神性を探求するコミュニティーと、社会組織との協働をサポート

[http://www.devodama.it]デヴォダマ[/]、出版業、ウェブエンジニアリング、マルチメディア[http://www.solera.info]ソレラ[/]、再生可能エネルギー

フィジオクレア:医学的テラピー

キセラ:温泉と健康センター

プラノテラピーと自然医学のスタジオ

[http://www.creasalute.it]クレア・サルーテ[/]、総合診療所

[http://www.sel-et.com/it]セレット[/]、セルフィカと彫像の工房、セラミック工房、彫像と絵画

アルティーレ:絵画とモザイク、ガラス細工の工房

[http://www.aurifoliarestauri.it]アウリフォリア[/]修復の為の工房

[http://www.inaugeiniziative.it/main]イナウジェ[/]、建築、バイオ建築のスタジオ

[http://www.aythya-creazioni.com]アーサヤ・クリエーション[/]、手作りのシルクファッション